未分類

基礎知識


パソコンDWG互換CADをすでにご存知という方もおられるでしょうし、初めて聞いたという方もおられるかもしれませんが、これはオートCADとの互換性を持つCADのことです。先ほど少しお話したようにDWGというのはオートデスク社がリリースしているオートCADの図面ファイル形式なのですが、それと高い互換性を持っていることが大きな特徴と言えるでしょう。

つまり、それまでオートCADで行ってきた設計作業をそのまま行うことができるCADソフトのことです。わざわざオートCADを導入せずともdwgファイルを開けるようになりますし、その便利さは言うまでもありません。

互換性の低いソフトだとどうしてもレイアウトが崩れてしまったり、正しく表示ができないようなこともありますが、DWG互換CADだとそのような心配もありません。きちんとレイアウトも表示できますし、違和感なく作業を行うことができます。すでに多くの企業が導入していますし、その利便性にも気づいているのではないでしょうか。無駄な投資を避けることもできますし、これまで続けてきた作業を無駄にすることもありません。既存の環境と同じようにスムーズに作業へ移行できるのはメリットでしょう。