未分類

まずは体験


DWG互換CADを導入してみたい、と考えているもののなかなか実行できないという方もおられるでしょう。さまざまな事情で本格導入には至っていないというケースもあるかもしれませんが、まずは実際にDWG互換CADを利用してみてはいかがでしょうか。

スケジュール現在ではさまざまな互換CADがリリースされていますが、その中には体験版をリリースしているソフトもあります。体験版を利用することで実際にどのような表示になるのか、本当に違和感なくスムーズに利用できるのかといったことも事前に確認することができるでしょう

多くの体験版では30日の利用となっていますが、特に面倒な手続きなどもなくすぐに利用することができます。ユーザー登録が必要なソフトもありますが、すぐに利用できるものもありますからまずは体験版を利用してみましょう。互換CADは基本的に価格も高い傾向にありますし、本格導入をするのにためらってしまうという気持ちも十分理解できます。本当に今までと同じように利用できるかどうかも分からないのに高いお金を払って購入する気にはなれないでしょう。まずは体験版を利用して動作なども確認し、納得したうえでの購入なら安心なのではないでしょうか。

未分類

基礎知識


パソコンDWG互換CADをすでにご存知という方もおられるでしょうし、初めて聞いたという方もおられるかもしれませんが、これはオートCADとの互換性を持つCADのことです。先ほど少しお話したようにDWGというのはオートデスク社がリリースしているオートCADの図面ファイル形式なのですが、それと高い互換性を持っていることが大きな特徴と言えるでしょう。

つまり、それまでオートCADで行ってきた設計作業をそのまま行うことができるCADソフトのことです。わざわざオートCADを導入せずともdwgファイルを開けるようになりますし、その便利さは言うまでもありません。

互換性の低いソフトだとどうしてもレイアウトが崩れてしまったり、正しく表示ができないようなこともありますが、DWG互換CADだとそのような心配もありません。きちんとレイアウトも表示できますし、違和感なく作業を行うことができます。すでに多くの企業が導入していますし、その利便性にも気づいているのではないでしょうか。無駄な投資を避けることもできますし、これまで続けてきた作業を無駄にすることもありません。既存の環境と同じようにスムーズに作業へ移行できるのはメリットでしょう。

未分類

DWG互換CAD


設計図土木や建築、建設の現場では設計図をもとに作業が進められていきます。設計図がないことには完成形が分かりませんし、現場の職人たちもどのように仕事を進めていいのか分かりません。建築や土木の工事において設計図はもっとも重要なものですし、設計図にミスがあると完成するものも完成しないでしょう。そんなことにならないよう設計図をしっかりと作りこんでいますし、入念なチェックが幾度となく行われています。

そんな設計図ですが、現在ではCADを用いて作成することがほとんどです。まだCADが存在しなかった時代だとすべて図面は手描きだったのですが、今ではCADを使わないことはまず考えられません。また、建築や土木だけでなくCADはさまざまなシーンで使われていますし、インテリアデザインから機械部品の設計などにも用いられています。汎用性の高さと使い勝手の良さがCADの魅力ですし、今でもさまざまな業界で用いられているのです。

最近注目を集めているDWG互換CADですが、すでに購入を検討している方、企業もあるかもしれません。dwgというのは図面ファイル形式の一種として知られていますが、そもそもDWG互換CADとはいったい何なのか、購入するにあたって知っておくべきことはあるのか、という疑問を持たれている方もいるはずです。そこで、このサイトではDWG互換CADについての基本的な情報をはじめ、購入にあたって知っておくべきことについてご紹介したいと思います。

【関連サイト】Auto CAD